出会い系を使う際の心構え

最終更新

先入観を持ちすぎない

ネットで出会いを探すということは、ニュースで取り上げられている出会い系サイト関連の事件などのこともあり、多少不安を感じるのは当然のことと思います。

けれど初めから、この人は下心があるに決まってる!という先入観を持って、疑ってばかりいると相手だって傷つくし、いい気はしません。一気に冷めてしまう可能性だってあります。

逆に始めから、「この人が運命の人だ!早く会わないと!」と疑うことを全くしないのも、もちろん良くありません。まずは、早い段階で決めつけないで時間をかけて相手を知る努力をすることが大切です。

本当はいい人だったかもしれないのに、みすみすチャンスを逃してしまう、ということのないようにするためにも先入観はあまり持ちすぎないことがポイントです。

会うことを焦らない

プロフィールを見て、かなり自分好みの異性を見つけ、2~3回のメールのやり取りだけで気持ちが盛り上がって先を急いでしまう。気持ちはわかりますが、ここですぐに電話番号やメールアドレスを教えたり、相手に聞くのは避けたいところです。

なぜなら、この時点では相手のことをごく浅くしか知らないので、信用できるかどうか判断できるはずもなく、そのような人に個人情報を知られるということはとても怖いことです。また、ネットでの出会いの場のマナーとしても、2~3回のメールのやり取りだけですぐに「連絡先を教えて欲しい。」という要求は、相手から軽い印象を持たれ、品格がないように思われます。じっくり時間をかけ、お互いのことを知っていきましょう。

そして、この人なら信用できる。と客観的に冷静に考えてみてOKなら、少しずつ情報の交換などを検討すると良いでしょう。とにかく焦らず、慎重に見極めることが大切です。