質問の仕方や自己紹介を工夫する

最終更新

お互いのことを理解していく過程でのメールの書き方です。まず、人によって、自分のことはあまり話さず、相手のことばかり質問攻めにしてしまうタイプの人がいますが、相手も同じくあなたのことを知りたいのです。

こちらに関しては、自分の情報を書いてから、「○○さんはどうですか?」のような質問の仕方がおすすめです。

(例)「私は、普段医療関係の仕事をしていて、土日の休日は、大好きで趣味になりつつある温泉巡りを楽しんでいます。○○さんはどのようなお仕事をされているのですか?」

このようなメールだと、答えやすいですし、あなたが書いているので、ついでに趣味のことも話してくれるはず。質問攻めしなくても、相手のことがわかる上、会話が一層盛り上がります。

次に、一方的に自分の話ばかりを出してくるタイプの人。女性同士が集まって、話をしている時はほとんどの人がこのタイプですよね(^_^;)女性は何故かそれでも、会話が成立しているかのようにみんなが満足しているので、それでよいのですが、相手が異性だった場合、相手があなたにぞっこんでもない限り、途中でうんざりされてしまう可能性があります。

男性の立場になってみて、自分の話を聞いて欲しい時や疲れている時に相手が自分の話ばかりしていたらどうでしょう?これは、メールに限らず、実際会った時にも同じことが言えるので気をつけましょう。

前者と後者どちらの場合も、自分の話と質問をバランス良く、常に相手の気持ちを考えながらメールのやりとりをしていくことです。空気の読める女性は好かれます。