優良出会い系の名を騙る偽サイトによるスパムメールの危険性

最終更新

当サイトは、主に出会い系サイト被害に遭わないための情報を配信しています。その中でも、未だに被害が絶えない悪質なサクラ詐欺を行う悪徳業者が送信するスパムメールについては、騙されないための対策法について詳しく解説していますが、その中で有名サイトを装った手口についても解説していますが、そうした事例が最近では増えているようですので、改めて具体的な事例を挙げて解説します。

悪質サイトが減り、優良サイトへの利用者の集中が進む状況

現在、出会い系サイト業界の中で主要となりつつあるのは、格安料金設定のポイント制サイトと言われています。このタイプのサイトは、実際に登録し体験してみると、これまでの常識では考えられなかったほど多くのユーザーがいるのが特徴です。会員規模が数百万人というサイトも珍しくありません。

これまでは、無料サイトやサクラ詐欺サイトが多数登場しては消えを繰り返してきたことなどもあり、出会い系サイトの数はおよそ把握することができないほど多かったです。しかし、特にここ1・2年の傾向としては、それらの悪質なサイトが徐々に消え去り、先に挙げたような格安料金設定のポイント制サイトが主流となりつつあるようです。

つまり、出会い系サイト業界は、悪質なサイトの閉鎖や一部の優良サイトへのユーザーの集中などによって、徐々に整理されつつあり、出会い系を使うことに関心のあるユーザーの動向自体が、それらの一部の優良サイトに収斂しつつあるということが言えます。

優良と評価される有名サイトの名を騙る偽サイト

そうした状況下にあっても、今でもなお活動を続けるサクラ詐欺の悪質な出会い系サイトは存在し続けているのですが、そうした業者がユーザーを騙す手段として用い始めたのが、有名サイトの名を騙ってスパムメールを送りつけるという手口なのです。

たとえば、現在の主流どころの有名サイトには、出会い系比較・評価ランキングでも紹介しているハッピーメールワクワクメールといった出会い系サイトがありますが、それらの知名度の高さを悪用して、その名を騙り、不特定多数のユーザーに対しスパムメールを送りつけるという手段で騙そうとするのです。

例に挙げた出会い系サイトはどちらも、全国的に大々的な広告を展開していることでも有名です。広告の掲載場所はネット上だけに限らず、有名な女性ファッション誌上や街角の看板広告など多岐に渡っており、特に都市部で生活している人の目には必ずと言っていいほど目に触れる機会があります。

つまり、有名サイトの名を騙るスパムメールを受信した人の多くが、名前を悪用された有名サイトのことを知っている確率が高いといことであり、それによってメール内のリンクをクリックしてしまいやすいということになるのです。

事実、そういった手口によって騙される人は決して少なくありません。名前を悪用された有名サイトでは、登録会員向けの注意メッセージとして、偽サイトによる悪質なスパムメールへの注意が喚起されています。

出会い系に限らずどの業界でも同じですが、有名になり世間から評価されることには、いわゆる有名税と言われるように、必ずその知名度を悪用して詐欺をはたらこうとする不届き者が出てきます。

悪質な出会い系のスパムメールの手口として、このタイプの詐欺行為は現在横行しているのでくれぐれも騙されないように注意する必要があります。大切なのは、メールの送信元のアドレスが、有名サイトのサイトアドレスと一致しているかを必ず確認するということです。それによって、偽サイトによるスパムメールかどうかを判断することができます。