実際の登録先を調べる

最終更新

偽サイト以外にも悪質出会い系の手段には様々なものがありますが、その中のひとつがダミーサイトです。これは、最終的に登録されるサイト以外のページからメインサイトへと登録させる手段で最近非常に多くなっている悪質出会い系の傾向でもあります。

たとえば、メインサイトは恋人募集を目的とした人たちが利用する出会い系だとしましょう。このままでは恋人募集以外の目的の人は当然ながら利用することはありません。しかし、悪質出会い系はとにかく多くの利用者を集めて搾取行為を働くことが目的ですからメインサイトとはまったく特色の違う登録の窓口サイトを多く用意するわけです。それは、たとえばアダルト色が非常に強いものかもしれませんし、即会いを謳うものかもしれません。そして、あたかもその実際とは違う内容の出会いの目的で使えるかのように装い閲覧者を登録へと誘導します。しかし、当然実際に登録される先のサイトは恋人募集のサイトですからまったく違う内容で希望の出会いは叶えられないということになります。

悪質出会い系はこのようにメインサイトに対してそれとは異なる特徴のデザインやサイト名の窓口サイトを多数用意することで多くの利用者を集めようと画策します。サイトの内容をまったく別の物を装うということは利用者の出会いの目的などはもはやどうでもいいということですからそのような行為に及ぶ出会い系は悪質サイトの可能性が高いと判断できるわけです。

実際の登録先を調べる方法

では、どうしたら実際の登録先を調べられるか、ということですが、これは少し難易度が高い作業になります。webサイト制作の経験などがある人であれば分かりやすいことですが、一般の方でも比較的分かりやすいよう丁寧に説明していきますので実際にその方法を試してみてください。調べる際はPCを使うことをおすすめします。

まず登録フォームのあるページを開きましょう。そして、ブラウザのメニュー「表示」⇒「ソース」とクリックしてみてください。そうするとプログラムコードのようなものが出てきます。そして、次にそのコード上で「Ctrl+F」とキーボードを叩き、「form action」と入力し検索してみましょう。すると、(http://)exmaple.com/****のような文字列が出てきます。このドメインの部分に注目です。そのドメイン(URL)は、現在開いているページのURLと一致しているでしょうか?もし、一致していれば今現在閲覧中のサイトに登録されるので問題ありませんが、異なる場合は閲覧中のサイトとは別のサイトに登録されることになるため、悪質出会い系の窓口サイトである可能性が非常に高いため利用しない方がいいでしょう。

このように、webサイトの制作などに携わっていないと気づかないような、分からないような巧妙な手段でダミーサイトから登録をさせる悪質サイトが後を絶ちませんので、もし、開いた出会い系があまりにもアダルト色が強かったり、ページ内の情報が少なかったりなど気になる部分があった場合は是非この方法を試してみましょう。