趣味/サークルコミュニティによる出会い系被害

最終更新

最近では、趣味やサークル仲間を探す際はSNSなどを活用することが主流になってきましたが、SNSが登場する前は趣味友探しの掲示板やサークル活動を行う人たちが集う掲示板が主流でした。現在でもその流れを引き継いで、SNS化するなど形を変えて多くが存続し続けています。

悪質な出会い系サイトの罠はこうした趣味友コミュニティにも多く存在しています。典型的なものは、登録が自由にできるコミュニティにおけるもので新たな参加者などを装って活動するもので、女性として参加しコミュニティ内の男性を出会い系へと誘導するというものだけではなく、男性として参加し女性を出会い系へと誘導する場合もあります。

こうしたコミュニティで出会い系へと誘導され被害に遭ってしまう人が多い背景には、趣味友サークルが仲間意識の強い人が多く、他の参加者に対しての警戒心が薄い、ということがあります。特に、最近では料理やテニスなどかつては女性が中心となって活動していた分野にも男性の進出が目立ち、男性が参加しても決して違和感を抱かれることはありません。そのため、気を許しやすい面があることから悪質な出会い系業者の罠にハマりやすいという実態があります。

しかも、かつてはこういったサイトは詐欺やマルチ商法などの温床になることなく、メンバーだけで牧歌的に和気あいあいと利用できたこともあって警戒する人が少ないという事情もあります。

しかし、現在では出会い系サイトをはじめとした悪質業者のターゲットになりやすい部類に入るものですので、そのことを認識した上で知らないメンバーとは慎重なコミュニケーションを図る必要があります。