スパムメールの予防法

最終更新

一度スパムメールに利用されたメールアドレスはその後もずっとスパムメールアドレスの餌食になることが多いため、それを回避できる方法はあまりないのが実情です。

しかし、予防する方法であればいくつか事前に対策をすることができます。まず、会員制のwebサイトやサービスを利用する際は、一部上場企業などの信頼できる運営会社のサービスに限定することが重要です。企業コンプライアンスが厳しく問われる上場企業ではスパムメールを送信する業者はまずありませんし、メールアドレスの転売の心配もないためです。(※ハッキングによる個人情報の流出の危険性はまれにある。)

たとえば、同じようなコミュニティサービスを展開している業者がいくつかあるのであれば、より信頼のおける有名企業や上場企業を選択するようにしましょう。

出会い系サイトの場合

出会い系サイトに関しては、残念ながら多くの業者がスパムメールを送信しているという実態があるため完全に避けるのが難しいのが実情です。しかし、それでも出会い系の運営会社やサイトを選ぶことでそのリスクを回避することは十分に可能です。特に、ポータルサイト系の出会いサービスに関してはまずそうしたことはありませんので安心して利用することができます。

ただし、ポータルサイト系の出会いサービスにしろ、SNSなどのコミュニティにしろ、スパム業者が巧妙に利用者に成りすましている可能性は排除できません。安易に誘いにのったら誘導目的のスパム業者であったということは往々にして起きることですから、簡単にそうした誘導に引っかかってしまわないこと、そして、連絡先を自分から教えてはいけない、ということをしっかりと肝に銘じておきましょう。

そして携帯電話のメールアドレスを使って、出会い系サイトを利用する場合は、メールアドレスをいずれかの時点で変更することを想定して利用するというのも有効です。スパムメールが増えたらメールアドレスを別の物に変えると、次にスパム業者に捕まるまではメールが送られてくることはありませんので単純ではあるものの一番効果的です。

“何もしない”ことが何よりも大切

このように、スパムメール予防法はどうしても受け身的な方法に限られてしまいます。また、一人のアクションが同時に宛先に指定された他の人の被害を拡大することにもなるので、スパムメール業者の行為を助長しないためにも返信やリンク先のクリック、サイトへのアクセスはくれぐれも慎むようにするというのが何よりも大切になります。