自分のメアドはどこから流出!?

最終更新

なぜ自分のメールアドレスにスパムメールが送られてくるのか?といった疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。しかも、自分が利用しているサービスやwebサイトとはまったく関係のないところからのメールが圧倒的に多いはずです。それは、メールアドレスがどこかから流出しているということ以外に考えられませんが、そのメールアドレス流出のタイプも様々なものがあります。

現在では少ないウィルス感染型

これはPCがウィルスに感染することによって起こるものです。メールソフトなどに登録されているメールアドレスを収集するウィルスによってメールアドレスが流出します。現在ではほとんどの人がウィルス対策ソフトを導入していることもあって、被害に遭う人は減っています。

会員制サイトからの流出

スパムメールが送られてくるカラクリでも紹介したように、ブログコミュニティや会員制のwebサービスからハッキングなどによって流出するというパターンです。しかし、ハッキングによるもの以外にも意図的にサイト運営者がメールアドレスを他業者に転売しているケースが多く、それは実際にスパムメールが送られてこないと分からないということ、通常、利用するサービスは一つ限らず様々なシーンで同じメールアドレスが使用されるためどの業者がメールアドレスを流出させたか特定できないというのが大きな問題です。

出会い系で特に多い転売型のメアド流出

特に出会い系サイトでは、この転売型のメアド流出が非常に多いのが特徴です。一度出会い系に登録されたメールアドレスは出会い系に興味・関心が強いという属性がありますから違う出会い系サイトにも登録しやすいのではないか、という判断を元に利用者のメールアドレスが電話番号やニックネームなどの他の個人情報と共に転売されます。

同時登録型の出会い系の場合

悪質な出会い系サイトに登録すると同時に複数サイトに登録されるということがあります。すると、最初に登録した出会い系とは別のサイトからもメールが届くようになるわけですが、その同時登録の仕組みを知らない人にとっては、メールアドレスが流出したと思えます。実際に、同時登録のことを事前に案内しているサイトはともかく、登録者の承諾なしに同時登録を行う悪質出会い系もあり、実態は転売と変わらないというサイトもあります。