件名に“Re:”をつけて返信メールを装う

最終更新

まずはスパムメールの例を見てみましょう。

スパムメールの例————————-

件名:Re:

本文:
いつもお世話になっております。
下記URLにて簡易メッセでいち早くコンタクトをお取りいただけます。

http://example.com/

————————————————–

これは、普段出会い系サイトのスパムメールなどには決して騙されないと自他ともに認めるような人でもつい騙されてしまうケースに多い手口です。特に、PCを使って忙しく仕事をしている人や、いくつかのメールアドレスを使い分けている人に被害が多く生じています。

というのも、ビジネスメールやプライベートでのメールでも返信を意味する“Re:”は広く利用されるためです。そのため、忙しい人ほどついメール内のリンク先をクリックする確率が高くなります。ご自身に照らし合わせると理解できる部分があるのではないでしょうか?件名に出会い系の広告メールと分かるようなメールであれば無視したり削除できますが、“Re”がついていると内容を確認しないと削除できません。しかも、慌ただしくメールを処理している最中は、メールの文章を読み込む前にURLなどを先にクリックしてしまいがちです。

個人が特定される危険もある

また、HTMLメールであった場合はリンク先にアクセスせずとも開いただけで個人情報が抜き取られたりする場合があります。また、webビーコンといって、メールを開いた日時や IPアドレスなどの情報を受信者の知らないうちに送信元や第三者に送る仕組みが仕込まれていることもあります。こうした情報は、webサイトを訪問すると送られてくるcockieに記録された情報と照らし合わせることで、個人が特定できるほどメール受信者のネット上での行動を明確に把握することが可能になるので非常に危険性が高いのが特徴です。

この手口は、まさにそうした点をついてくるスパムメールの手口で、通常は出会い系を使うことがない人でもひっかかってしまう可能性が高いことから、スパムメール業者の間では見込み客の層を広げることができる手段として多く用いられています。