脅しをかけてくる

最終更新

出会い系のスパムメールには脅しをかけてくるものがあります。その脅しの内容にはまず、出会い系を利用していたことを世間に公開するというものがあります。出会い系のスパムメールの多くが実際に過去に出会い系を利用した人に対して送られるため、受信者の大半に心当たりがある、というのがこの手口のポイントです。

いくら最近では使う人が増えてきたといっても、誰でも出会い系を使っているを公表されるのはいい心地のするものではありません。こうしたケースでは『口止め料』称してある一定の金額を支払うよう要求してくることがほとんどです。

脅しの派生型にも注意

また、過去に利用していた出会い系サイトの退会手続きができておらず、それを代行して行う対価として料金を請求してくるというパターンもあります。この手口では、メール内に『今、手続きをしないと多額の賠償請求をされることになります。』などの脅し文句が入っているのが特徴的です。

スパムメールの例————————-

以前お客様がご利用になられた出会い系サイトの退会手続きが完了していないことが判明しました。
当方は当該サイトの退会手続きを代行しております。
すでに多額の遅延金が発生しておりますが、
3日以内にお申込みいただければ手数料7,000円にて退会手続きを承ります。
お申込みいただけない場合は賠償金を請求させていただくことになりますので予めご了承ください。

退会手続き申し込みフォーム↓
http://example.com/

————————————————–

このように期日を指定したり、高額な請求をはじめにほのめかした上で、今手続きをすれば安くて済むという印象を受信者に与える内容になっています。

冷静に考えると、なぜ代行業者に退会を依頼しないといけないのか、退会手続きができていないということで何の賠償をしなければいけないのかなどおかしいところだらけですが、受信者の恐怖心を煽って冷静な判断ができないうちに金銭を搾取する、という狙いがあるため騙されてしまう人が少なくありません。

こうした内容のメールを受信した場合は、次の点にまず注目してください。それは、『どのサイトを利用したかがきちんと記載されているか』という点です。スパムメールの弱点でもある、多くの人に一度のメールを送信するという特性上、具体的なサイト名を記載することでボロが出る可能性があるため、出会い系のサイト名が記載しづらいというものがあります。

したがって、往々にして具体的なサイト名が記されていません。もし、スパムメールでないのならきちんと明確に出会い系のサイト名を記載するはずですから、この点に注意してスパムメールを見分けるようにしましょう。