緊急事態を装う

最終更新

出会い系サイトのものだけに限らず多く利用されている手口のひとつが「緊急事態を装う」スパムメールです。

緊急事態を装う内容には、家族の不幸をでっちあげるものや、至急連絡を取りたがっている女性(男性)がいるというもの、時間限定で行われている無料サービスの期限が迫っているというもの、利用していた出会い系サイトの手続きのことで問題が発生しているとするもの、などがあります。どの内容でも件名に「緊急!!」や「大至急!!」などの文言が入っていることが特徴です。

スパムメールの例————————-

件名:大至急!!

本文:

以前出会い系サイトで連絡を取られていた女性が貴方様と再度連絡を取りたがっています。
下記窓口より一度ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

連絡窓口↓
http://example.com/

————————————————–

こうした手口のスパムメールが狙いとするところは、そのような文言を使用することで受信者を慌てさせ冷静な判断ができないようにして、メールに返信させたり、リンク先へと誘導することにあります。受信者の心理をかき乱すことで判断を誤らせるという意味では、脅しをかけてくる手口と共通する部分があります。

こういった手口に騙されることを防ぐためには、当たり前ながら冷静に対応することを心掛ける、ということ以外に方法がなく、被害を防げるか防げないかは受信者のメンタル状態に依るところが大きいのがポイントで、スパムメール送信業者がこういった手口を用いる理由でもあります。

そのため、件名に「緊急!!」や「大至急!!」などの文言が入っている場合は、1拍おいて冷静になってからメールを確認することが重要です。